FacebookTwitter
  • © P. Bousseaud - CRT Centre

    Zoom
  • © JF Souchard - CRT Centre

    Zoom
  • © J. Damase - CRT Centre

    Zoom
  • © JP Klein

    Zoom
  • © J. Damase - CRT Centre

    Zoom

    サントル・ヴァル・ド・ロワール地方で Rendez-vous

    ロワール渓谷は、生きた文化的風景としてはフランスで最も広大なユネスコの世界遺産です。国王や芸術家などの歴史上の人物たちがロワール川に魅せられ、その川岸に住みました。ロワール川の城めぐりの道は、ウール・エ・ロワール県のロワール渓谷の入り口であり、世界遺産の大聖堂を擁するシャルトルから始まります。シュリー・シュール・ロワールからナントまで、19の城があなたを待っています。

    ロワール川の城、偉大な歴史遺産

    素晴らしいルネッサンスの城や、中世の城砦、美しい庭園や公園を、家族で見学しましょう。思い出に残る光と音のスペクタクルも開催されています。ロワール渓谷最大のシャンボール城に感嘆の声をあげ、エルジェがタンタン・シリーズのムーランサール城のモデルにしたシュヴェルニー城を発見し、アゼ・ル・リドー城では、水面にうつる夢の世界に浸り、ヴァランセー城では、フランスで最大の迷路に挑戦しましょう。それぞれに物語を秘めた19の城は、何度も訪れる価値があります。

    スィングするロワール渓谷

    音楽が盛んな地方であるロワール渓谷では、数多くの音楽祭が開催されており、中でも最も有名なのはブルジェの春です。トゥーレーヌやヴァル・ド・シェールでジャズ・フェスティバルが開かれるなど、ロワール渓谷では、ジャズも重要な役割を果たしています。ブルジェ、シャルトル、オルレアン、トゥールでは、フランスでも有数の美を誇るゴシック様式の大聖堂を見ることができます。こうした大聖堂やロワール川の城の優雅な姿は、クラシック音楽を引き立てる役割を果たし、レオナルド・ダヴィンチの終の棲家となったクロ・リュセ城のルネッサンス音楽フェスティバル、シャルトルの国際オルガン・フェスティバル、シュリー・ロワレのフェスティバルなど、有名な音楽祭が開催されています。

    ロワール渓谷の食べる楽しみ

    ラブレーによってその名を高められ、ガルガンチュアによって崇められたロワール渓谷の料理、より正確にはトゥーレーヌとベリーの料理は、今さら語る必要もないでしょう。数多い名物料理の中でも、特に味わうべきは、ジャルゴーのアンドゥイエット、オルレアン風鶏肉料理、ソローニュのジビエ料理、ロワール川の魚料理、ベリーの緑レンズ豆料理です。チーズ好きなら、シャヴィニョールのクロタン、セル・シュール・シェールのシェーヴル、ヴァランセーのピラミッドを召し上がってみてください。食事の最後には、パイ菓子のピティヴィエやタルト・タタンが、食いしん坊さんたちのお気に入りです。グルメなこの地方はワインも豊富で、ヴーヴレイ、シノン、ヴァン・ド・トゥーレーヌ、サンセールなどがあります。トゥーレーヌ・ワイン博物館とロワール・ワイン祭りが、ワイン造りのノウハウを教えてくれます。

    保護された自然

    ボーヴァル動物園やヴァル・ド・ロワール水族館で、子供たちに素晴らしい動物の世界を見せてあげましょう。自転車愛好家なら、ロワール・ア・ベロ。子供連れやカップルでゆっくり散策したり、スポーツとして楽しんだりと様々にサイクリングができるユニークなコースです。ネヴェール近くのキュフィ村からサン・ブレヴァン・レ・パンまで、大西洋岸を800㎞にわたり安全に走行できるように整備され標識が設置されている自転車道で、途中何カ所かにサイクリングのためのサービス施設が用意されています。 大切に保護されている自然の中で美しい風景を心ゆくまでお楽しみください。3つの自然公園(ブレンヌ自然公園、ロワール・アンジュー・トゥーレーヌ、ペルシュ自然公園)は、川が流れ、ソローニュの森や沼など緑豊かな起伏の多い風景を見せてくれます。岩の中にうがたれた洞窟も見どころです。

    手つかずの自然が残るロワール川の流れに沿って、荘厳な城と大聖堂の夢に浸りましょう。ロワール川は船で遊覧することもできます。

 
 
    タグ 街歩き, サントル・ヴァル・ド・ロワール, 地方

見どころ