FacebookTwitter
  • © CRT Franche Comté/STEPHANE GODIN

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/ Cécile AMBACHER

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Denis BRINGARD

    Zoom
  • © CRT Franche Comté / Eric CHATELAIN

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/MAISON DU TOURISME DE BELFORT

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Hervé HUGHES

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Michel JOLY

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Laurent CHEVIET

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Laurent CHEVIET

    Zoom
  • © CRT Franche Comté/Didier LACROIX

    Zoom

    フランシュ・コンテ地方で Rendez-vous

    フランシュ・コンテ地方は、フランス東部で、250㎞にわたり、スイスと国境を接しています。ヴォージュ山脈やジュラ山脈、数多くの湖や森に恵まれているため、バラエティー豊かで広大な風景を見ることができます。

    ネイチャーツーリズムの理想の目的地

    フランシュ・コンテ地方は、あらゆる種類のハイキングやスポーツの愛好家に人気があり、また一年を通じて自然を愛する人々がやってきます。ドゥーの滝やエリソンの滝、ルー川の水源、ボーム・レ・メッシューの袋谷、プードレ洞窟など、フランシュ・コンテ地方の自然名所は、澄んだ空気で満ちていますし、バロン・デ・ヴォージュ地方自然公園内のバロン・ダルザスでは、ゆったりとくつろいで、様々なスポーツを楽しむことができます。

    世界的に認められた豊かな文化遺産

    フランシュ・コンテ地方には、3か所のユネスコの世界遺産をはじめ、世界的に認められた豊かな文化遺産があります。ドゥー川の湾曲部にある県庁所在地のブザンソンは、ヴォ―バンによって要塞化された素晴らしい町です。フランシュ・コンテ地方の個性的な農村協会に属する村々も、その豊かな歴史遺産で人気です。テリトワール・ド・ベルフォール県では、バルトルディ作のライオン像がベルフォールの町とヴォ―バンが建設したベルフォール要塞に君臨しています。才能豊かな軍事建築家であったヴォ―バンは、ブザンソンの城砦(ユネスコの世界遺産)も手掛けており、城砦の中には動物園があります。高台にあるジュ―城も、難攻不落の要塞です。やはりユネスコの世界遺産であるアルケ・セナンの王立製塩所を訪れて、あなたのバカンスにピリッと塩味を効かせましょう。ル・コルビジュエが設計した有名なロンシャン礼拝堂も、ユネスコの世界遺産に登録された独創的で興味深い建物です。

    舌も喜ぶフランシュ・コンテ地方

    オー・ドゥー地方の特産品は、塩漬けにしたりモミやヒノキで燻したハム・ソーセージ類で、代表的なものに、モルト―やモンベリアールの美味しいソーセージやポンタルリエの美食見本市のスターであるオー・ドゥーのスモーク・ハムなどがあります。AOCであるとないとに関わらず、フランシュ・コンテ地方のチーズ(多くがハードタイプ)は、コンテやモルビエ、エメンタール、モン・ドール、ブルー・ド・ジェックス、カンコワイヨット(乳清、ニンニク、白ワインが原料)など個性豊かです。アルボワのブドウ畑では、ジュラ地方の典型的な3つのブドウ品種であるプルサール、トルーソー、サヴァニャンが災害されています。黄ワインや藁ワインが、この地方のワインの名声を高めるのに一役買っています。

    あらゆる世代に人気

    家族連れにはアクアパーク・イシスやディノ・ズー、車が好きな人にはプジョー博物館が人気です。ロック・フェスティバルのベルフォールのユーロッケンヌの評判は、フランス中に響き渡っています。ブザンソン・フランシュ・コンテ国際音楽祭やバン・ピュブリックも、大規模な音楽の祭典です。ジュラ県では、エヴィダンスが、芸術旋風にあなたを巻き込みます。

     

    歴史や文化・芸術の宝物が山の奥に隠されているフランシュ・コンテ地方の探検の旅に、あなたも出かけませんか?

     

 
 
    タグ 街歩き, フランシュ・コンテ, 地方

見どころ