FacebookTwitter
  • © CRTL Laetis

    Zoom
  • © CRTL Laetis

    Zoom
  • © CRT Limousin

    Zoom
  • © CRT Limousin

    Zoom
  • © J.M Péricat

    Zoom
  • © Régis Duvignau

    Zoom
  • © CRTL

    Zoom
  • © Agence Marco Polo

    Zoom
  • © CRTL Laetis

    Zoom

    リムーザン地方で Rendez-vous

    河と湖の間に広がるリムーザン地方は、味わい深い落ち着いた雰囲気を持ち、多種多様な色彩と、風景と、文化と、賑やかでもてなし上手な村や町へと、訪れる者を誘います。リムーザン地方で過ごすひと時、ひと時が、まさに驚きの連続。その時あなたは、またこの地に戻ってきたいと、必ず願うことでしょう。

    中央山塊の奥深くに

    リムーザン地方に一歩足を踏み入れるや、山と、谷と、大きな湖が点在する中央山塊の風景が目の前に広がります。ドルドーニュ渓谷、ミルヴァッシュ地方自然公園、ペリゴール・リムーザン地方自然公園など、ここでは、思い切り自然を楽しみましょう。リムーザン地方では、自然と芸術が対話します。たとえば、クルーズ渓谷のクロザンは、印象派の画家たちに愛されました。南西部の緑豊かなヴァシヴィエール湖のヴァシヴィエール島国際芸術景観センターでは、見学の時にはまるで止まっているかのように思えた時間が、活動に参加するにつれ、加速していきます。コレーズ県はグルメ、クルーズ県は野生の自然、そしてオート・ヴィエンヌ県はリモージュの陶磁器や七宝、サン・ニュニアンの手袋製造などの匠の技で知られています。

    驚きの歴史遺産

    リムーザン地方では、サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(リモージュの道、ヨーロッパ文化ルート)に沿って、クロザンからステラン、そしてリモージュ大聖堂を経てベネヴェラン・ラベイ、ソリニャックなど、目を見張るような宗教芸術を鑑賞できます。フランスでもっとも美しい村のひとつであるコローニュ・ラ・ルージュのサン・ピエール教会も見学しましょう。ユゼルシュ、ボーリユー、ソリニャックでは、ロマネスク教会の傑作を見ることができます。湖畔に立つヴァル城、ジョルジュ・サンドが暮らしたブーサック城、乗馬イベントのポンパドゥール週間が開催されるポンパドゥール城など、城も、リムーザン地方の大切な歴史遺産です。

    リムーザン地方の特産品

    アントワヌ・ブロンダンは、「リムーザンにはキャビアはないが、そのかわりクリがある。」と好んで語っていました。クリの葉がシンボル・マークのリムーザン地方では、クリのブーダンやリムーザン風サラダやお菓子に、クリが使われています。AOP(原産地呼称保証)のリンゴやクルミ、ベリー類(イチゴ、キイチゴ、ブルーベリーなど)、セップ茸、最高級の肉も、クリと並ぶこの地方の特産です。特に子羊や黒尻豚や家禽類などの肉は、伝統的な祝祭や村祭りの時によく登場します。リムーザン地方の祭りといえば、ドゥルナザック(ペリゴール・リムーザン地方自然公園内)のクリ祭り、リモージュの食の祭典プチ・ヴァントル、ブリーヴ・ラ・ガイヤルドの酪農フェスティバルとフォアグラ祭りが挙げられます。

    リムーザン牛は、美味しい肉として高い評価を得ており、リムーザン牛肉の日の主役です。食いしん坊たちは、クラフティーやヘーゼルナッツ・ケーキを、リムーザンのシードルとともに味わいます。口の中で燃えるクリのリキュールや、クリやクルミやベリー類を原料とした食前酒もあります。

    リムーザ地方の観光名所

    芸術と歴史の町リモージュでは、アドリアン・デュブーシェ国立陶磁器博物館(世界各国の陶磁器1万点を所蔵)と12世紀から現代までの七宝コレクションで世界的に知られる美術館が、あなたの感性を刺激することでしょう。

    オービュッソンでは、ジャン・リュルサ・センターが、ユネスコの無形文化遺産であるタペストリー分野で大成功を収めています。リムーザン地方第二の都市、ブリーヴ・ラ・ガイヤルドにも驚きが隠されています。ラヴァンシュ博物館では、コレーズ県の歴史をたどることができますし、パリに次いで第二の規模を誇る本の見本市とヴェゼール川クラシック音楽祭は、ブリーヴの二大イベントです。ベラックでは、演劇とジャズを融合させたベラック・ナショナル・フェスティバルが開かれます。

    子供向けの施設としては、様々な活動を楽しめるゲレ山中の巨大迷路と、放し飼いのオオカミの成長の様子を観察できる動物園があります。

    リムーザン地方は、あなたを大歓迎します。