FacebookTwitter
Zoom
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet
  • © D. Viet
     - © D. Viet

    ミディ・ピレネー地方で Rendez-vous

    ガヴァルニ圏谷Cirque de Gavarnieミヨー高架橋、コンク、ロカマドゥール、モンセギュール、ミディ運河Canal du MidiトゥールーズToulouseアルビ……。ミディ・ピレネー地方には、“比類のない”という形容詞がぴったりの観光名所が目白押しです。

    見どころ、世界遺産、歴史遺産

    ミディピレネー地方には特に日本人に人気の見どころも多く、美しいトゥールーズの街並みや、アルビのトゥールーズ=ロートレック美術館、天空の村コルド・シュル・シエルなど、一度は訪れたい観光名所です。
    ユネスコ世界遺産として、ミディ運河アルビ司教地区ピレネー山脈のモンペルデュ等があります。
    また歴史的遺産も多く、特にキリスト教と深く結びついた見どころとして、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路chemin vers Compostelleがおすすめ。巡礼路には、サン・ベルトラン・ド・コマンジュのサント・マリー大聖堂、コンクのサント・フォワ聖堂abbatiale Sainte-Foy、トゥールーズToulouseのサン・セルナン大聖堂Basilique Saint-Sernin、アルビのサント・セシル大聖堂cathédrale Sainte-Cécileなど、秀逸な宗教建築が点在しています。
    また、聖地として名高いルルドは今もなお、ノートルダム・デュ・ロゼール聖堂Basilique Notre-Dame-du-Rosaireの内部や周辺を中心に、町全体が敬虔な雰囲気に包まれています。
    モンセギュール城Château de Montségur、フォワ城Château de Foix、クーヴェルトワラードにあるテンンプル騎士団の要塞Cité templière de La Couvertoiradeも、波乱に満ちたこの地の歴史を今に伝える一押しの観光名所です。

    発見に満ちた広大な大地

    先史時代の遺跡から最先端の技術を紹介する施設まで……フランス一の面積を誇るミディ・ピレネー地方には、観光名所が盛りだくさんです。
    UNESCOの世界遺産に登録されているミディ運河Canal du Midiの、木陰が心地よい静かな岸辺でくつろぐもよし。オーブラック高原l'Aubracの幻想的な風景に目を瞠るもよし。スリリングな体験を求める人には、タルン渓谷Gorges du Tarnでカヤックを楽しんだり、壮大なミヨー高架橋Viaduc de Millauの上空をデルタプレーンやパラグライダーで飛んだりするのがおすすめです。
    さらに、ミディ・ピレネー地方では24の観光名所を定めており(24 Grands Sites des Midi-Pyrénées)、その中の一つ、ピック・デュ・ミディ・ド・ビゴール山Pic du Midi de Bigorreを登ったり、あるいは、そのほかのサイト(ロカマドゥールRocamadour、ドゥー・メール運河Canal des Deux Mers、コルド・シュル・シエルCordes-sur-ciel、サン・シル・ラポピSaint-Cirq-Lapopie)を訪れたりするなど、バライティに富んだ楽しみ方ができます。
     

    食の愉しみ

    発見の歓び、食の愉しみ、出会いの感動をカクテルで楽しめるのがミディ・ピレネー地方の魅力。アリエージュ名産の中世のスパイス入り食前酒「イポクラス」や、ロックフォールチーズを熟成するための洞窟「カーヴ・ド・ロックフォールCaves de Roquefort」は、この地のガストロノミーの伝統が今に大切に受け継がれていることを示す証です。
    フランス南西部全域で見られるように、フォラグラ、マグレ鴨、鴨のコンフィはこの地方の食卓を飾るポピュラーな食材。この地方ならではの食べ物としては、アリコ・タルベ(タルベ産インゲン豆)、ピレネーの仔羊、アリゴ(チーズ入りマッシュポテト)、ガルビュール(キャベツ、肉、インゲン豆をベースにした田舎風スープ)などが挙げられます。
    牛や羊の乳からつくるピレネーのチーズや、クルスタード(パイの一種)、パスティス(リンゴとアーモンドペーストのパイ)、フアス(パン菓子)、ガトー・ア・ラ・ブロッシュ(バームクーヘンの一種)といったパティスリーは、ジュランソン、ガイヤック、カオール、マディランのワインや、アルマニャックと合わせて召し上がれ。
     

    公園、テーマパーク&イベント

    ファミリーで楽しむのなら、先史時代をテーマにしたプレイストロジアPréhistologia、トゥールーズToulouseにある宇宙と未来のテーマにしたシテ・ド・レスパスCité de l'Espaceなどのアミューズメントパークがおすすめ。また、昆虫テーマパーク「ミクロポリス」Micropolis, la Cité des insectes、ベタラン鍾乳洞Grottes de Bétharram、パディラック鍾乳洞Gouffre de Padiracでは自然の驚異に触れることができます。
    ミディ・ピレネー地方と言えばラグビー。ですが、ミヨーのペタンク世界大会Mondial de pétanque de Millau、トゥールーズのハーフマラソン、馬術大会など、ラグビー以外のスポーツイベントも多数開催されています。また、ミディ・ピレネー地方の空をカラフルな色で染め上げるロカマドゥール熱気球大会Montgolfiades de Rocamadourや、インターコンチネンタル花火フェスティバルFestival intercontinental de feux d'artificeも見逃せません。音楽フェスティバルも盛んで、トゥールーズに初夏の訪れを告げる現代音楽フェスティバル「シエスト・エレクトロニックSiestes Electroniques」を皮切りに、ジャズ・イン・マルシアックJazz in Marciac、カオール・ブルース・フェスティバルCahors Blues Festival、モントーバン・ジャズ・フェスティバルFestival Jazz à Montaubanが開催されます。
    中世都市バスティードをめぐる道で、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路chemins de Saint-Jacques de Compostelleで、ピレネーの峰々の頂きで……陽光と色彩に溢れる広大なミディ・ピレネー地方を訪れて、あなたもリフレッシュしませんか。
     
     
     
    プチ・トラン 
  • プチ・トラン アルトゥウスト Petit Train Artouste
  •  
     
     
     
 
 
    タグ 街歩き, 文化&史跡, 持続可能な観光, ミディ・ピレネー, 地方